スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


昨日の続きだっ!

内外的に大反響のこの話題、、、

コミュニケーション能力

コミュニケーションスキル

の話し、、、


パソコンやケータイ、なんでも自動で無人で、、、そんなんだから、現代人
はコミュニケーション能力が低い! いっそそんなの無くせばイイ! とい
う考え方は本末転倒です。
昔は昔でそういうことはありました。 「あの人はおとなしいけん、、、」
「あいつは何もしゃべらんもん、、、」 そんなら隅っこで黙っとけばよかっ!
みたいなことで昔は、かたずけられていただけなのです。
人権問題や男女雇用均等などに合わせてコミュニケーション能力なる
言葉がつくられ、みんな同じような能力が必要なんだということになって
いるだけなのです。

前置きが長くなりました。

どうしたらコミュニケーション能力を上げることが出来るかということです。
人間関係は全てコレが基本です。 仕事・恋愛・家族・地域・・・全部〜!

昨日書きましたが、おさらいです。

問題点は、、、
コミュニケーションが苦手な人は、
自分自身の位置づけに問題がある。 集団の一部だと思っている。
自分が他を統率したり中心にいる場面を想像すらしていない。
起こることへの対処対応が思考回路の多くを占めている。
自らが何かを起こすということを想定していない。

対策は、、、
集団を統率したり中心になることを想定する。

まとめ、、、
コミュニケーション能力は、
社会生活においての掛算九九なのです!

補足、、、
コミュニケーション能力というのは自発的なことのみを指す。
聞かれたことに瞬間に答えらてる能力ではない。
他者と意思・感情・思考の伝達を上手に図ることが出来るかどうか。
コミュニケーションスキル 話しのパターンを持っておく。
コミュニケーション能力は、性格上の問題ではない。

結論、、、
やってやってやって〜経験を積むしかない。
自発的に自分の考えをしゃべりまくるしかない!


と、こんな話しでした。。。 で、これで終わっていたら、理論と理屈を並
べてど〜だ顔するその辺のヘッポコ学者かヘナチョコカウンセラーといっ
しょなので、もっと掘り下げることにします。

理論や理屈や考え方はそうなのです。 そうなのですが、なぜか分かっ
ていても出来なかったりするのが、また人なのです。 コミュニケーショ
ンに限らず、歌詞が分かっているカラオケを歌う時でも緊張をしてしまう
のと同じで、分かっていてもなぜかそうなのです。

何度もピエールのブログに出てくる言葉ですが 「気」 に根源がある
のです。 この場合「気合い」が足りないということでしょうか、、、 文字
通り気が合っていない状況を指しています。 気が乱れていたり散って
いたり、健全な状態でないと何事も始められないのです。

「気」 について基本的なことを説明しておきます。
気という言葉は類義語も含めて世界各国で使われている言葉です。
しかし科学的・医学的に解明されないため統一定義はありません。
なので一般的に「、、、な気がする」と使ったり、オカルト的な感覚で説
明されたりして範囲からボヤけています。
でもザクッとまとめると、気というのは生命エネルギーだということに公
約することができます。 例えると電気みたいなものでしょうか? 電気
そのものは目に見えません。 灯りが点いたり機械が動くことによって
存在を確認できます。 気も目には見えません。 人を含め動物が動い
たり、植物が成長したり、生き物が生きていることによって存在を確認
できるものが、気というエネルギーなのです。 気が宿っている状態が
生きているということなのです。
人は、知らず知らずに気を感じることができます。 だから「、、、な気が
する」とか、そのものを口走ってしまったりするのです。
気を感じる能力は特殊で特別な感覚なのではありません。 気を感じ
ることができる感覚があるのではなく、五感で瞬時に総合的に感じる
ものなのです。 なので、あなたにも感じることができます。 紙を三枚
用意して下さい。 一つは一枚のまま、もう一つは二枚重ねて下さい。
目を閉じてそれぞれを両手の親指と人差し指で挟んで持ってみてくだ
さい。 どっちが厚いか分かりますよね? 客観的物理的には顕微鏡
で覗かないと分からない厚さの違いですが、触ってみたら誰でもすぐに
分かるのです。 温度や香りの微妙な違いにも敏感です。 しかもそれ
を同時期に心地よいか不快かを察知することができます。 人の気配
も感じることが出来ます。 当たらないことも多いかもしれませんが、そ
れは過去の経験事例になぞって推測されたことで、その感覚を否定す
るものではなく、単に結果が違っていたに過ぎません。 人の気配は
誰でも感じることができるのです。 まさに気を感じているということな
のです。
そして日本人は、それが得意だと言えます。 それは移り変わる季節
があるからです。 心と体は自然と安定を欲しています。 でも季節が
移り変わっていくことで、環境を整えるために微妙な変化に気づくこと
を研ぎ澄まされました。 なので気にまつわる言葉や表現が多いので
す。

あ〜 何が言いたいか回りくどくなった〜 気が散ってしまった〜

気を整えていたら考えた通りに行動・言動することができるという話しを
描こうと思ったけど、、、 ま〜イイやっ。。。

ということで、この続きは明日かもしれないし、来週かもしれないし
、書か
ないかもしれません。。。

気合いが入った時に、、、、、



スポンサーサイト


関連する記事

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories.png

  • バイバイ〜っ!!
    kuru☆
  • ピエール婚活塾
    植田
  • ピエール婚活塾
    はまじ
  • ピエール婚活塾
    M子
  • ピエール婚活塾
    T
  • ピエール婚活塾
    早紀江
  • ピエール婚活塾
    麻里
  • ピエール婚活塾
    佳子
  • ピエール婚活塾
    SK
  • ピエール婚活塾
    長崎K